才能が無いという逃避

自分は出来ない人間なんだと思い込むのは、実に楽だな。

才能なんていう、ぼんやりとした曖昧な尺度なぞいらねぇよ。

最終的には、やる気や情熱といったものが物を言う。

好きこそ物の上手なれってね。

趣味が高じて仕事に・・・なんて人は山程いる訳で。

自分にはこれだと思ったら、とことん追求してみればいい。

才能が無いというのは、自信が無いことの言い訳に過ぎない。

自分ってものを、腹の底から信じ切れるかどうか――――

それが初めの一歩であると同時に、辿り着くべき境地なんだ。

他人には言わせておけよ。

他人から高評価を受けるために、生きている訳じゃないだろう。

自分が心底「これでいい」と思えなきゃ、人生は単なる空虚なお芝居。