駒として必要だと思う人はいても、私が私だから必要だと思う人はいない。

数合わせの駒は、誰がやっても同じ。

そういう存在は、いてもいなくても変わらないんだ。