7月23日の女

相手の誕生日をエンジェルナンバーだと考えるのはツインレイブログではよくあるが、私は相手の誕生日を知らないので勝手に7月23日をあの子と関連付けるナンバーにする。例によってそれが何故かは説明しないが。個人情報に繋がるからな。でも相手がこのブログを読んだら一発で解るようにはしておく。ツインレイの諸先輩方は、自分のブログが相手に発見されることをやたらに嫌がってるけど、むしろ何がどうなったら偶然に辿り着けるんだよって思うわ。現実でめぐり会うよりネットでブログを偶然に発見することの方がよっぽど奇跡だろ。もし仮に偶然に偶然が重なって読んだことがあったとしても、それを現実世界の誰かと紐付けて考えるか普通。

有り得ないことが起きるから運命を信じるのだし、全ては起きることが起こるべきタイミングでもって生じているだけなんだって感じ。

今日だって7月23日が特別な日だとは勝手に思っていたけど、ブログを実際に書くかどうかまでは微妙だった。アイディアはすでに降ってきてたけど、あんまり書くモチベーションはなかった。今後の見通しも全く出来ておらず、何らの進展が見込める状況でもないしね。それは二人としての問題というより、ただ自分の人生の問題があまりにも大きすぎるからであるが。

奇妙なもので、7月23日にデジタル時計で7時23分を見たのだ。1/365をこのタイミングで引くとは・・・それだけではない。私の誕生日である9時28分の数字まで見たのである・・・その後すぐ衝動的に今このブログを書いている。書かざるを得ないだろう。あまりにも奇妙奇天烈。しかもこのデジタル時計、最近では2分くらい平気でずれてるからな。そんなに私に不思議な数字をたくさん見せたいのだろうか。天使たちの考えることはさっぱり解らない。