駆ける

ただ駆け抜ける。 あとも先もない。 今、この瞬間を。

それは突然、なんの脈絡もなく

ふとした瞬間に、発狂しそうになる。 ふとした瞬間に、自分というものが崩壊しそうになる。 ふとした瞬間に、記憶の前後が曖昧になる。 ふとした瞬間に……。

不思議、大好き

最近デジャブが多くて、やっぱり人生ってくり返してんのかなぁって思うときもある。 記憶がリセットされるのに、無限にくり返すという無理ゲー。脱するヒントもない。 生まれるまえの記憶はないけど、死んだあとの記憶はどうなるのかな。またべつの世界に生…

私はたぶん33人目だと思うから

人生ループ説があるけど、ほんとうに怖ろしい。 自分の人生を二度くり返すだけでも気が狂いそう…というか絶対に狂う。今だって狂ってる。 自殺した場合だけ同じ人生をくり返すという説もある。自殺せずに人生を完遂した者だけがループからはずれることができ…

末永く信じられる何か

何を信じればいいのか。 誰を信じればいいのか。 誰の言っていることが正しいのか。 真実はどこにあるのか。 求めれば求めるほど、真実の背中が遠ざかっていく。

朽ち木

人知れず。 誰知らず。 ひっそりと朽ちていく。 誰とも口きかず。 死人に口はなし。 そんなお話。 それも昔話。 誰もが忘れた誰かのお話。

風が吹かない

俺の人生、いったいどこへ向かっているのか。 追い風を待ってみるが、一向に吹く気配もない。 船頭もいなけりゃ櫂もない。 生きている甲斐もない。

悩める才能人

YouTubeでいろんな若手芸人のチャンネルをみてるけど、どう考えても売れないだろうなって奴はいる。やっぱり売れている奴らって間違いなく才能がある。世間の好き嫌いで評価に多少のブレはあるにせよ、絶対におもしろい。 なんかねー切ないんよね。一流にな…

笑いの話37

おもしろいって言われるのが一番うれしいし、おもしろくないって言われるのが一番むかつく。

灯台守

気分は、最果ての灯台守をしている感じ。

はじっこ暮らし

自分にだけ居場所がない。 自分だけが、世界の最果てに追い詰められている。 迫害され、極地での生活を強いられた。 孤独なはじっこ暮らし。 目前暗し、幸先悪し。 住めば都というけれど、自分以外に人がいない。

壊れた世界のはじっこで

恥をかいて、汗をかいて、少しずつ磨り減っていく。 いつか消えてなくなってしまう。 泣くなって。 独りきりでも。 壊れた世界の中で、自分自身も壊れていくとしても……。

始まる前から終わることばかり考えている

ほんとなー、考えてしまうのだ終わることを。始まる前に終わることを考えてしまう癖がある。だから新しいことにチャレンジするとか、新しい出会いを求めるとか、新しいわくわくより、終わるときの切なさをもうイメージしてんのね。そんなことある?恋人さが…

幸福自慢

なにをイメージしてもらってもいいんだけど、手に入ったものって今度はそれを失うかもしれないという恐怖にかられるんだよね。恋人ができても病気になったり、死ぬかもしれない。宝くじで一等とったら急に大金が転がり込んできて、人生が大混乱するかもしれ…

不幸自慢

YouTubeやブログなどいろいろとチェックしてきたけどさ、けっきょく俺より不幸で悲惨な奴はいなかった。もはや不幸しか誇ることねーわ。ブログ開始から14年、ずっと不幸自慢しかしていない。なんだこのブログ。どこに需要あんだこのブログ。14年やっててこの…

希望の化身

ほんとうの意味での希望というものは、絶望のどん底にいる人間にしか感じられないのではないだろうか。 深い深い井戸の底に、一筋の光が差し込む。希望とはそういった類いのものではないだろうか。 恵まれた普通の生活をしている者にとって、光など当然のも…

力の化身

その恐るべきカイナでもって、運命を薙ぎ払い、宿命を打ち砕く。

悲哀の化身

最近、リアルにアクセス数が激減してるんだけど、もう俺の書いている内容についてこれてないんだろうね。書いている俺自身でさえちょっとついていけてないときがあるもんなぁ。アウトプットって半自動だから、なにが飛び出してくるのかわからんのよね。だか…

意思の化身

いったいどれだけ意思が強ければ、寿命まで生き抜こうと決意できるだろう。 石にかじりついてでも、かみつく奥歯が砕けても、それでも生きようとすること。 人生の終幕にたどりつくには、なんという強い意志が必要なのか……。 苦しむためだけに生を受けた。俺…

憤怒の化身

とにかく怒りがおさまらん。 もはや、限界の限界の限界を超えて……。

もう誰も俺を救えない

ごくごく善良に生きてきて、ここまで追い詰められることある? いつだって被害者だ。 俺だけが被害者だ。 この苦しみはなんなんだ。 この痛みはなんなんだ。 こんなことある? これが現実? すべて夢であってくれ。 もう現実なんて知らないよ。 もう誰も俺を…

おもろいなぁ

ユーチューブをみていると、いろんな人がいろんなことを話していておもろいなぁ。 俺もおもろい人になりたいなぁ。

胸がドキドキ

最近ハマっている女性ユーチューバー(実は芸人だった)からハートマークもらえたのが、ここ一年でいちばんうれしかったかも。いやマジでいいことなんもなかったから。ずっと過去動画をあさっているばっかりで、コメントはしていなかったから、アップしたば…

アブノーマル

何一ついいことなどなかった。 それ以前に、普通のことすらなかった。 異常なことしかなかったし、自分自身もまた異常の塊であった。 普通がいかに凄いことであるか。 普通以下の自分からしてみれば、なにもかも雲の上の出来事に思える。

もういない誰かとわたし

自分一人だけが、冥王星にでも住んでいるような気分だ。 ここは、ほんとうに地球なのか。 俺だけ別の星に住んでいるんじゃないのか。 もういない。 名前も顔も思い出せない。 だけど誰かがいたんだ。 そういう誰かがいたんだ。 でもいない。 もういない。 も…

身投げ

見捨てられた。 見限られた。 見放された。

ともしび

あと一吹きで、自分という存在が消えてしまいそう。

冬の花火

どうして俺にだけ生きていく理由がないのだろう。 理由も、意味も、価値も、才能もない。それどころか心身共に不健康だ。 まるで冬の花火のように、物悲しい。 意味もなく咲いて、意味もなく散っていく。 ただそれだけの人生なのにな。

終末のニュアンス

死にたいというより、生きていたくない。

あなたが涙をながすなら、わたしはそのひとしずくになりたい。