町、時の流れ、人

過ぎ去っていく。

この世の何もかも、過ぎ去っていく。

何一つ変わらずにはいられない。

あとに残すものなく。

跡形もなく。

ふと、自分が何者でもない感覚におそわれる。

ぼんやりとした不安を抱えながら、今日も一人町を歩く。